業務分野

調査

他人の権利を侵害しないように、開発中の製品に関連する他人の権利を調べることが必要です。また、調査によって優れた技術を見つけることができますので、製品開発の参考にすることが可能です。優れた技術を見つけた場合は、権利の状態,有効性,侵害性等を検討することで、侵害を惹起しない形態で利用することもできます。その技術に瑕疵がなく、かつどうしても利用することが必要な場合は、ライセンス交渉が必要となります。手軽に実施するには、特許庁の電子図書館を利用する方法があります。。